News
interview

2020年卒業生
熊埜御堂さん・与那覇さん

熊埜御堂さん、与那覇さん共に2020年にHugkunを卒業し、株式会社バリューブリッジに入社。
自社サービス「PhotoBridge」の開発や保守業務をメインで行いながら、営業チームのサポート業務や新規サービスの開発にも携わっています。

Q. 現在はどのようなお仕事をしていますか?


熊埜御堂

私は、株式会社バリューブリッジに2020年度卒の新卒で入社して、WEBエンジニアとして働いています。
30万ユーザーに利用されているアルバムのレイアウト確認サービス「PhotoBridge」の機能開発や日々の保守を担当しております。
また、新規サービスの開発にも携わっており、ユーザー体験を考えながら開発だけはなく仕様の設計・検討なども行っています。

kumaくん

与那覇

自社サービスの開発や保守業務がメインで、営業チームのサポート業務などにも携わっています。
コードを書いて開発したりするのはもちろんですが、サービスの運用過程で困っている事があれば、効率よくできるような仕組みを考えて提案などもしています。

yonahaくん

Q. Hugkunでの経験が現在の仕事に活かせている部分はありますか?

与那覇

私自身、大学の講義以外での開発経験は全くありませんでしたが、Hugkunさんを通して開発に関わることで、実際の会社で行われている開発業務の流れを知ることができたり、関わった業務で得た知識や経験がそのまま活用できたりしています。
プログラミングなどの技術的な知識もそうですが、実際に起きている問題をユーザー目線で考え、いつまでに解決にもっていくといった開発業務に必要な考え方や姿勢も、今の仕事に活きています。


熊埜御堂

Hugkun様でアルバイトを始めるまでは、大学でプログラミングの勉強はしていたものの、実際に世のなかで利用されているwebサービスを開発に携わったことはありませんでした。
Hugkunでwebサービスの開発に携わらせていただいて、現場の厳しさや、開発がどのように進めらているかを学べました。
そのおかげで、社会人になってエンジニアとして働き始めた時も、ギャップを感じずに仕事が出来ました。

Q. Hugkunにいたとき(学生でバイト時代)と社会人との違いはありますか?

熊埜御堂

大きな違いは、プロジェクトに費やす時間です。費やす時間が長くなることで、より大きなプロジェクトに参加できたり、仕様の設計・検討から自分たちで出来たり任される範囲が広くなりました。
開発に時間を費やせる分、Hugkun様でのアルバイト時代に学業の合間に開発に取り組んでいたときより、仕事はしやすくなりました。
Hugkun様でのアルバイトと勉強を両立できていたら、社会人になっても安心だと思います!


与那覇

Hugkunさんにいたときには、技術力に合わせた(もしくは少し上の)タスクが振られることが多く、仕様が決まっているものや問題の原因や解決方法がすでにわかっているものを取り組むことが多かったのですが、社会人になってからは、更に数段上のタスクを任されることもありました。
学生のときには、アルバイトに割ける時間も多くはなかったので、長期的な開発に携わることはなかったのですが、規模の大きな開発に携わることで、それだけ多くのことを学べますし、エンジニアとしてのスキルが一気にレベルアップできるので、そこが大きな違いになってくるかなと思います。
また、社会人になるとアルバイトのときほどは、サポートしてもらえる時間も限られてくるので、開発スケジュールの管理や大きなタスクを一任される責任感も違ってきます。

Q. 今後のキャリア想定はありますか?

与那覇

私は、面倒くさい作業や大変な作業を簡単にできるようにして、「超便利!」と言ってもらえることが好きだと感じているので、誰かのためになるようなものを生み出して、自分の力でそれを実現させることができるエンジニアになりたいと思っています。
スピード感をもってすぐに実現できるように、情報収集や今の仕事を通してもっともっと成長したいと思っています。


熊埜御堂

「PhotoBridge」の改善開発や新規サービスの仕様検討、開発を通して、よりユーザーにとって便利なwebサービスを生み出せるエンジニアになりたいと思っています。


Q. Hugkunにいた頃の苦労話や、後輩へのアドバイスをお願いします!

熊埜御堂

私は、全く知識がない状態で入ったので、先輩エンジニアが話している内容が全くわからず苦労しましたが、丁寧に指導していただき、自分の知識が付くにつれて少しずつ話についていけるようになりました。
私のようにあまり知識がない状態でアルバイトを始めると、最初は出来るようになる気がしなくて、辛く感じることもあると思いますが、地道にこなしているといつの間にか出来るようになっているのでめげずに頑張ってください!


与那覇

Hugkunさんの方に来てすぐのときは、ふわっとした知識しかなく、話についていけなかったり、わからないことがあったときにどう聞いたらいいのかもわからず、なかなか開発が進めきれなくて苦労しました。
自分が実装した内容をレビューしてもらうのも一苦労だったのですが、鈴木さんや先輩達から実装のポイントや質問の仕方なども教えて頂いて、伝え方を工夫して何度もレビューを重ねていくうちに、自分の力で開発を進めていけるようになりました。
わからないことがあっても助けてくれる方がいるので、何がわからないのか素直に聞ける環境はすごくありがたかったと感じてます。

Q. 最後に、このページを見ている方へ、メッセージをお願いします!

与那覇

エンジニアとして働く前までは、ひたすらにコードを書くようなものをイメージしていましたが、コードを書くこと以外にもエンジニアとして誰かのために何かを作り出すことができることをバリューブリッジに入社してから学ぶことができました。
困っている人がいたらその人のために何かしたい、自分たちが作ったサービスで誰かを幸せにしたい。そんな思いがある方は、バリューブリッジでのお仕事は向いているかもしれません。
とはいえ、エンジニアとしては、やはりコードを書くことも必要になってきます。
社会に出てエンジニアとして働くための前準備ができる環境が、Hugkunさんには整っているので、エンジニアになりたいがなんとなく不安がある方は、まずはHugkunからスタートするのもいいと思います。


熊埜御堂

前述した通り、弊社では自社サービスの機能開発、自社サービスの新規開発に携われます。
自社サービスの開発に携わると、自分たちのサービスという意識が強くなるので、より自分ごととして開発に取り組むことができます。また、受託開発に比べてユーザーに近いので、開発だけではなくサービス全体としてどうあるべきかを考える機会が多く主体性をもって仕事をしたい人にはうってつけだと思います。
弊社はコロナ禍で完全リモートに切り替えました。アフターコロナも、完全リモートなので沖縄から仕事に参加いただくことも可能です!!メンバーの1/3はうちなーんちゅで温かい人たちばかりで、とても働きやすい環境です。
学生のうちに弊社の雰囲気や開発に携わってみたいと感じていただけたら、ぜひHugkun様でアルバイトしてみてはいかがでしょうか。


kumaくん

株式会社バリューブリッジ

ValueBridge Inc. / 株式会社バリューブリッジ
株式会社バリューブリッジは「IT×ブライダル×写真」によりこれまでに無かった事業を展開している会社様です。