Graduate
卒業生からのメッセージ
interview

2020年卒業生・秋田さん

Hugkunの学生とのコラボレーション事業開始初期を支えたメンバーです。
「学生主体の運営」の一貫として行われたCEO・CTO選抜において初代学生CEOに選ばれました。
2020年にHugkunを卒業。
秋田さんのその後についてインタビューを行いました。


株式会社ZOZOテクノロジーズ 技術開発本部SRE部所属 秋田海人さん

秋田さんの様子

現在はどのようなお仕事をしていますか?

私は、株式会社ZOZOテクノロジーズに2020年新卒入社し、技術開発本部SRE部 ZOZO SREチームに所属しています。
ZOZOTOWN、WEAR、B2Bが稼働しているオンプレミス環境のインフラを担当しており、日々の運用はもちろんのこと、定期的なセールやイベントに応じてサーバーの負荷対策などを行っています。
私の最近やっている業務では、オンプレミス環境とクラウド環境のネットワークの連携やセール時のトラフィック量を再現した負荷試験を他のチームと連携して行っています。

Hugkunでの経験が現在の仕事に活かせている部分はありますか?

基本的なGitHubの使い方やチーム開発に必要な知識が、チームにIaC(Infrastructure as Code)を推進する際に、特に役立っています。
また、学生の立場で様々な社会人エンジニアの方とコミュニケーションをとることができていたので、現在の仕事においてもコミュニケーションを円滑行うことができています。

秋田さんの様子

今後のキャリア想定はありますか?

目の前のことを愚直にやっていきながら、オンプレミスにおける課題を改善し、ユーザーにとってさらに快適利用できるZOZOTOWNを作っていきたいです。

Hugkunにいた頃の苦労話や、後輩へのアドバイスをお願いします!

一番苦労したことは、案件が変わるタイミングにリモートワークで仕事を始めた時です。
当時は、コードを書く力もなくその上初めてのリモートワークでコミュニケーションの取り方が分からず、質問もできずにさらに仕事の進捗も出ない時はとても苦労しました。
結局は今のオフィスを用意してもらい、鈴木さんと対面でコミュニケーションをとりながら仕事をできたことでコードのレビューやコミュニケーションの面でかなり助けて頂きました。
Hugkunで働く際にはわからないことがあれば鈴木さんだけではなく周りが必ず助けてくれるので積極的にコミュニケーションをとりましょう!!